うなんね新書レビュー ホーム » スポンサー広告 » 新書 » 4月の新書オーバービュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月の新書オーバービュー

 4月ややネトウヨ受けしそうではあるが、個人的にも楽しめた本2冊について、何かと発火点の低いAmazonでの論評は控え、こちらにメモ。後日、読み直してAmazonに投入するかもしれないが。

 「韓国は裏切る (新潮新書)」は一作目の大ヒットで、いきなり嫌韓論客デビューした著者の、慰安婦問題日韓合意を受けた本。前半はVANKやナッツ姫など、ネットで流通している韓国情報に韓国語での裏取りをした程度の内容で今一つ。ただ、財閥一族はしょっちゅう捕まるのに起訴されても塀に落ちない、政府・大統領の介入で有罪・無罪はどうにでもなるという「無銭有罪・有銭無罪」は確かに民主国家としては問題がある。しかし、産経記者も政府が介入したからこそ、無罪が取れたわけだが。

 後半の第5章で、その産経記者事件の発端となった「朴槿恵空白の7時間」問題について、現地紙で紹介された怪文書から興味深いまとめをしていている。朴大統領は側近3人以外、ほとんどアポなしでは誰とも会わない。その側近は「密会していた愛人」と指摘された男が紹介したのだという。密会していたといわれる男は大統領の秘書を長年務め、その娘は馬術でアジア大会に出場した。娘を選出した大韓馬事会は運営を巡るトラブルで、監査に入った文化省の課長が大統領の意向で更迭された、とも。

 4章では廬武鉉、李明博政権での対日政策が大統領の気分次第で大きく振り回された実情も紹介している。李明博の「天皇謝罪」発言については、後に発言内容を事実上取り消す形になった経緯について、大統領府による代表取材方式によるものだと指摘している。代表取材した社が大統領府のサイトに内容を書き込み、それを各社が転電するようだ。竹島訪問で気分が高揚していた大統領が思わず口走った「ひざまづいて謝罪せよ」という記述がアップされ、それを大統領府が大慌てで消してしまったが間に合わず、聯合ニュースは「ひざまづいて」を速報したのではないかと著者は見ている。いずれにせよ、この失言で日韓の溝は決定的になり、今後の修復も難しい。大きな権限が集中し、失職も容易ではない大統領の感情に振り回される韓国の政治制度は、著者の目には不安定に映る。


 昨年末に新書本を出し、早くも次の新書「だれが沖縄を殺すのか (PHP新書)」を出した。極右受けする内容ながら、外交史、戦後沖縄史でトップレベルの研究者らしく、批判対象となるテキストをきちんと読み込んでいるのは好感が持てる。

 在沖海兵隊時代、「米軍によるあらゆる善行を、沖縄メディアは完全無視した」と強烈に非難している。自身の前著は話題になったにもかかわらず、沖縄の書店にほとんど置かれず、沖縄2紙も黙殺したとし、沖縄のコードを読まない言説を沖縄は拒絶すると訴えている。それは「沖縄問題」が神話に過ぎず、真実を語られたら崩壊してしまう程度のものだからだ、と結論付けている。似たような話は「沖縄の不都合な真実 (新潮新書)」でも実例が紹介されていた。百田尚樹の「沖縄2紙つぶせ」発言は大概ではあるが、「沖縄問題」に沿わない言論を圧殺してきた沖縄2紙が百田尚樹を批判できる筋合いもないように思う。本書を読んで、逆説的にオールドメディアの言論の強さを実感させられた。ネットに押されているとはいうが、やはり反基地一色の言論を主導する新聞媒体は強い。なお、著者によると、沖縄タイムスは近年やや主張がマイルドになっているという。

 本書の批判の主力は、著者が長年当事者として関わった在沖米軍基地問題だ。「沖縄に基地の74%」「世界で一番危険な普天間」「沖縄は反基地一色」といった主張に次々と根拠を挙げて反論していく。著者は言わないが、米軍基地で不便を強いられている人口でいえば、住宅地のど真ん中に基地がある東京・神奈川の方がはるかに多いだろう。騒音はひどいし、車などで遠回りを強いられ、しばしば米軍関係者による事件・事故もある。沖縄は「押しつけ」というが、首都圏の相当の人も押し付けられている。

 前著とダブりは多いが、自叙伝の要素も多かった前著に比べ、「琉球民族=先住民」論など、沖縄問題を支える通説にも真正面に対峙し批判していることに好感が持てる。沖縄メディアも反基地の言論人も、著者と討論してもらいたいものである。


今月、「これは」というほど面白かった新書はなかった。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://unanne.blog41.fc2.com/tb.php/192-90c9905e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。