うなんね新書レビュー ホーム » スポンサー広告 » 未分類 » 「中国 風見鶏日誌・報道の裏事情」に関するtwへの質問への回答まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「中国 風見鶏日誌・報道の裏事情」に関するtwへの質問への回答まとめ

ツイッターでNewsweek日本版で連載されている「中国 風見鶏日誌」の「報道の裏事情」という回について、twで批判した。著者のふるまいよしこさんに

.@kakumeijinshi えっとー、具体的にどこの部分が「自身が報道なり企業なりに疎い」のか、ご指摘いただくと分かり易いですが。


.@kakumeijinshi あと、どこが「お門違いな批判」かも、具体的にどうぞ。


との問い合わせがあったので、ツイッター上で答えた。本項で補足を加えた上で下記にまとめた。

「疎い」と感じたのは、粉ミルクの部分です。理由は3つ。1つ目は撤退理由について。日本メディアは「反日」「放射能」という想像をかきたてる言葉で説明している、とあります。時事、産経、日経の第1報では「口蹄疫」「競争の激化」という理由も挙げていて、「反日」は挙げてません。引用された記事を読んでも、日本の記事と印象は余り変わりません。「反日で大量投資を控えている」という文章は、反日運動の影響も推測させます。また、「香港でのヨウ素混入問題によって、消費者に受け入れられなくなった…」とありますが、香港のヨウ素の話って引用記事中どこにあるんでしょうか。


2つ目は記事内容への批判。「どのような市場展開をしていたか、日本メディアには数字を使った報道はなかった。集団粗忽だ」とありますが、車や家電に比べ、マイナー商品である粉ミルク、かつ中国ですら「存在感のないブランド」の海外展開に関心を持つ日本人はほとんどいないでしょう。中国の食問題に関心がある人か、乳業会社の人くらいで。「日本国内における企業の業務撤退なら詳しく報じるはず」。日本の新聞だから日本優先は当然でしょう。限りある紙面で楽天の優勝から社民党の人事まで載せないといけないのですから。需要のない記事を詳報する意味はない。「こぞって報じている」といいますが共同、毎日、読売は撤退自体報じていない。一般紙なら、紙面がキツければ落とすでしょう。


3つ目の理由。これが一番日本事情に疎いと思い、お門違いも甚だしいとも思いました。「メーカーが気分を害し、広告収入に影響するのでは」。こんなベタ記事で記者がいちいち慮ってくれるなら、メディアを回って、頭下げてリリース配る、どぶ板広報しなくていいよなあと。「当社で決定した事実はございません」リリースが毎日のように出たり、日経が何度もやらかした「ドコモiphone参入へ」誤報、トヨタ車の急加速問題、最近ではみずほ銀行の暴力団融資…あんなベタ記事で広告に配慮してたら、こんな記事どれも報道できないんじゃないでしょうか。

それと企業の広報に「それ書いたらおたくの広告に響くよ」と言われて、慮る新聞記者っているんでしょうか。返答はともかく、腹の中では「こいつ喧嘩売ってるな、絶対書いてやる」「広告なんて知るかバカ」と思う人が大多数だと思いますが。新聞相手だと「事前に見せろ」もほぼ通じません。何より明治の中国法人自身が「競争の激化で」と発表してるのに、新聞社と全面戦争になるリスクや、後で本当の理由がバレて袋叩きにされるリスクまで冒して、広告引き上げをちらつかせ、記者に撤退理由を「反日」「震災」と書かせることと見合う経済的利益とは何でしょうか。

中国への粉ミルクの個人輸入が急増しているので、明治は現地販売できると踏んで販社を置いた。だが、品質第一の乳製品で、製品への信頼が落ちた。もともとそんなに乗り気でもなかったので撤退した。日本メディアもよくある市場動向として淡々と報じた。これだけの話に「裏事情」と、いかにも広告引き上げが日常化しているかのような、思わせぶりなタイトルを冠されるのはいかがなものでしょうか。そもそも明乳の広告って引き上げちらつかせるほど大した額じゃないし、時事は通信社なので広告費を慮る必要は全くありません。


いずれにせよ、日本在住者と中国在住者では、中国報道への関心に差があるのは当然です。日本の中国関連報道は日本在住者のために書かれているので、中国在住者の期待に応えるために書いてはいません。「中国の明治製品から、日本では報じられていない有害物質が検出された」など、日本に波及しそうな事情がない限り、ストレートニュースで十分です。詳細な分析がないのは、広告引き上げに日和ったのではなく、ニュース価値からの判断でしょう。おそらく、本記事を日本人が読む場合は業績への影響がある可能性、という経済の側面が主たる関心事からです。場所がたまたま中国というだけで、中国にフォーカスを当てた記事ではありません。「中国撤退報道は粗忽?広告を慮った?」という批判は、日本在住者と中国在住者の関心の違いを理解しないお門違いな批判だと思います。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://unanne.blog41.fc2.com/tb.php/130-a8de5170

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。