うなんね新書レビュー ホーム » スポンサー広告 » 新書 » 10月の新書オーバービュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月の新書オーバービュー

当月はいい本が多かった。本稿は総選挙後に書いているが、日本維新関連の本が多かったのを見ると、選挙風は10月からどことなく吹いていたのだろうか。「「橋下維新」は3年で終わる ~民衆に「消費」される政治家たち (宝島社新書)」は、橋下大阪市長には、「敵を作って勝つ姿を見せつける」「シンプルな言葉で畳み掛ける」など、世界史上の独裁者に共通する宣伝の技術があると指摘している。本書では「橋下市長一人で発想する党運営ではいずれ無理が生じる」「世論が追い風のうちはいいが、逆風が吹けば沈む」としている。石原御大を代表に推戴して、今回の第三極レースには勝った。しかし、石原代表というのも強烈な人で、両雄並び立たずな気がするんだけど…とこれは余談。「地方維新vs.土着権力 〈47都道府県〉政治地図 (文春新書)」は維新ブームに乗っかって、書名に「維新」を冠しているが、内容はいつもの全都道府県知事&議員総ざらい本。全国の知事紹介では、相変わらず古巣の経産省をべた褒め。ただ、意外と橋下維新批判は的を射ているような気がした。「弱い相手に交渉でふっかける」「多元的民主主義を認めない」という橋下政治の特性を指摘し、「非エリート」「弁護士」という共通する出自のサルコジ前フランス大統領との比較をしている。「昭和戦前期の政党政治: 二大政党制はなぜ挫折したのか (ちくま新書)」は近代史の重鎮の本。二大政党の腐敗と無産政党の躍進、そして「昭和維新」の担い手として陸軍が台頭するさまを描いている。本書の研究報告は、民主党の勉強会がたたき台になっていることを差し引いても、「強力な実行力」へのあこがれが当時もあった様子が伝わる。

中国関連もいくつか。「動乱のインテリジェンス (新潮新書)」は、アメリカ通の手嶋と、ロシア通の佐藤が、それぞれの国のインテリジェンスの目から中国の現状を読んでいる。スパイ容疑をかけられた中国の一等書記官について、日本のTPP参加を止めようとした中国の謀略であったという見立てが面白い。一等書記官は農業通で、アメリカ主導TPPから日本を引き剥がし、中国主導のASEANや日中韓FTAに引きこもうと、コメの中国輸出を持ちかけた。TPP反対の最右翼である農業から切り崩しを図ろうとした中国の慧眼を指摘している。また、琉球独立仮説も興味深く読んだ。沖縄の大幅な自立化へ進む可能性は私も感じていたが、独立した沖縄の行動を予測する、という佐藤のリーチの長さには驚く。「中国人民解放軍の内幕 (文春新書)」は中国軍事分析マニア向けの本という感じだが、組織について詳細に解説している。予算や装備が充実する一方で、中越戦争を最後に兵士は実戦から遠ざかり、軍としての練度は落ちているのではないかという。幹部は腐敗する一方で、兵士は十分な報酬が与えられていないとのことだった。

維新、中国本以外で。「なぜビジネスホテルは、一泊四千円でやっていけるのか(祥伝社新書295)」がかなり面白い。表題に関することはほとんど書いてないが、ホテルコンサルの著者が業界の裏話を書いている。日本はネット予約が一般的になったせために、世界的にもホテル激戦国で、HY,ロンドンでは50000円以上する高級ホテルが3万円台から泊まれるらしい。大阪のセントレジスが2万円台で泊まれることもあるというのには驚いた。最近の料金下落には、大幅なコスト削減が可能になったこともあるという。シティホテルのコストの4割は人件費。残りの多くは電気水道。自動チェックイン機の導入でフロント要員を減らし、カードキーを電源にしということで、かなりのコストダウンができるという。ちなみに自殺物件は被害の程度によっては、その日から稼働してしまうのが業界の慣行なんだとか。

今月一番面白かったのは「田中角栄 - 戦後日本の悲しき自画像 (中公新書)」。角栄の命日に真紀子は落選。本書を読むと、角栄がただ金を持ってきたのではなく、越後山脈のふもと南魚沼などの住民や、下層社会、若者など「社会的弱者」を大事にして、引き上げようとしていたことが分かる。今それができているのは中越地震で陣頭指揮にたった山古志村の村長だったのだろう。真紀子は所詮「よそもの」「目白のお嬢さま」だったのだ。「政治を勉強したい」と落選の弁を言っていたが、再選に必要なのは地元を回り、膝を突き合わせて中越住民に声をかけることなのだろう。いや、角栄が築いた「情の遺産」はもはや使いきったというべきか。ともかく日本型政治システムを再考する好著だった。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://unanne.blog41.fc2.com/tb.php/104-a1eeeab9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。